FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭ゲバ あらすじ

リリースする。タイトル曲の“さよなら"は、1月17日(土)より日本テレビ系でスタートする[[松山ケンイチ]]主演の新ドラマ「銭ゲバ」の主題歌に起用されることが決定。ドラマのプロデューサーは「激しいのに優しい、そんな主題歌を求めていました。そんな時、


TV LIFE
新番組『銭ゲバ』(日本テレビ系 後9・00)第1話「愛をください…金のためなら何でもするズラ!!」を放送。 ジョージ秋山のコミックを原作に、金のためなら手段を選ばない青年の姿を描く。脚本は岡田惠和。幼少時から極貧生活を送ってきた風太郎(松山ケンイチ)は、黙々と ...300


1月から松山ケンイチ主演で始まるジョージ秋山の「銭ゲバ」ですが、あんな作品をドラマにしていいものでしょうか?少年サンデーで1970年(古!!)に連載されました。連続殺人、レイプ、公害に環境破壊、賄賂、とにかく金の欲望のためなら何でもありの主人公とストーリーでした。乱雑な絵のタッチですが、それが逆に人間のゆがみ、公害病患者のリアルな姿を描写しました。連載当時に大鶴義丹のパパ・唐十郎の主演で映画化もされました。しかしどーみても今の時代にそぐわなそうな気もするのですが。規制も厳しくなっているし。なぜ今の時代に「銭ゲバ」がドラマ化されたのでしょうか?ドラマ化しちゃっていいものでしょうか?

ジョージ秋山氏の「銭ゲバ」みたいな、壮絶な人生ドラマを描いたマンガを探しています。新旧問いませんので、ぜひご紹介願います m(_ _)m


スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。